沈黙が、私を支える。


by aoinote101

ニコラシカ!ニコラシカ!

 まだ、学生の頃、友達がバーでピアノを弾くバイトをしていたので、時々聞きに行きました。そのお店はイギリスのサウサンプトンで一番古いパブと同じ名前で、タプロースというスウェーデン王室御用達のスコッチウィスキーの樽が置いてあったなぁ。まだ、お酒の味があまりわかっていなかった頃のことで、いつもカウンターに座ってバーテンダーさんに甘いカクテルなんかを作ってもらっていました(笑)
 そんな時期に、良く来る20代後半くらいの男性のお客さんがいつも飲んでいた、不思議な飲み物。「ニコラシカ」
c0020551_14233523.gif

 ブランデーの入った小さなリキュールグラスの上にレモンのスライスと砂糖が乗ってて、「一体どうやって飲むんだろう?」って思うこの飲み物。レモンと砂糖を口に入れて、ひと噛みしたら、一気にブランデーを口の中に流し込むのです。口の中で作るカクテルとも言われているそうですが、女の子が飲むのは、ちと勇気がいるもの。結局飲んだことはありませんでした。

 ところが、最近になって突然飲んでみたいと思い立ったのです。きっと私のお酒の飲み方がワイルドになってきたからに違いありません(爆)
 レモンはワックスのついた皮が気になるので、邪道かとも思いますが切ってもらいました。ドキドキしながら飲んだ「ニコラシカ」の味は……初めてだったにもかかわらず「懐かしい」と感じました(なんでだろう?)レモンのすっぱさと砂糖の甘さに香りのやさしいブランデーが交じり合う、すばらしいカクテルだと思いました。でも、ブランデーを一気飲みしているのですから大変なものなので、私の場合は1杯だけにしておくのがいいかな?2杯以上飲むと記憶が飛びそうです(汗)
 なんだか、酒井美意子さん(公爵前田家の長女)が「恋はお酒のようなもの。人生にはあれば素敵なものだけれど、過ぎると毒」といったのを思い出してしまいました。
[PR]
by aoinote101 | 2005-07-06 14:25 | My favorite thing