沈黙が、私を支える。


by aoinote101

よぴぽせP!陶器の絵付け!ブーケ その2

「ヨーロピアンポーセリンペイント」…それが私のお稽古の名称(笑)あんまり長いので、友達のふこりんが「よぴぽせP!」って命名してくれた。
「私の作品」
6月に大阪の国際会議場で作品展があって、3月から5月中旬までは大変だった~っ!寝ないで作品描いた日が何日あったことか……。うちに窯があったら、宝塚の先生宅まであんなに往復しなくてすむのかな?でも、窯持つまでには、まだまだです自分。
《4月から、あの総会資料も作らなきゃいけなかったし、昨年は精神的にも追い込まれる状況だったけど、今年は慣れたものだったよ!あんなこと慣れたくないけど(謎のひとりごと)》

 そして、約3ヶ月のお休みを経て、今日、久々のお稽古!先生のお顔忘れそうでしたよ(泣)
今回の課題は「水仙とワイルドローズのブーケ」
c0020551_15122929.jpg
c0020551_15124618.jpg

スカン・ティップスの石井逸郎先生がお描きになるものとは違って、すこし簡単かも?作品展で死ぬほどダブルローズに苦しんだことを思えば、もう、何でも描けます!
 今日、O先生から、「そろそろ自宅の教室に来ませんか?」とお誘いいただけて嬉しかった!今後一年半くらいは忙しくなるのでお稽古はきついかな?って思ってたけど、だからこそ、描くことに集中する時間は私にとって必要なのかもしれない。行ってみようかな?先生のご自宅…。「ドイツのマイセンにも沢山日本人が学びに来ている」とか…。すごいな。私にはむりっぽ。

 なんで、ヨーロピアンポーセリンペイントが好きかというと…筆に絵の具が入っていく感覚とか、陶器の上を筆が滑った跡に花びらの質感や葉の葉脈ができる不思議さとか…そういうのが全部好きだから…。夜、一人で描いてるときも気づくとあっという間に時間が過ぎていて、朝になっちゃったりする…(そして次の日は死んでる)
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-01 15:13 | My favorite thing