沈黙が、私を支える。


by aoinote101

昨夜の月

昨夜、ふっと見上げた月がうす雲の中、とっても丸かったので、
     車を降りて見上げてしまった。

ぼんやりしているのに、まぁるい月は、
まるで「確かではないけれど、たぶん幸福」な、
                今の私のようだと思う。

寒くて寒くて…震えていたけど、同じ空気の中にいたくて…

私が月を見上げる時、一人ではないような気持ちになる
[PR]
by aoinote101 | 2005-11-18 11:52 | 詩・雑感