沈黙が、私を支える。


by aoinote101

美味しいステーキとおやじ。

 3月はお父さんの誕生月。お誕生日当日はお母さんと指宿の温泉に行っていたため、お祝いはノビノビになっていました。
 そこで、今日はお肉なのです。
まずは、目でお楽しみください。

ジャ~ン!


フィレ&サーロイン!

c0020551_213020.jpg

まずは、ガーリックをバターで…いい匂い。(手前はサラダ)
c0020551_21121616.jpg

んで、お肉焼き焼き…

ボワッ!
c0020551_21123785.jpg

そして、喰う!
c0020551_21124511.jpg

ガーリックライスもコーヒーも美味しかったです。

この後、お父さんがスーツを作るとかでデパートについていきました。
紳士服のオーダーメードってどんなことするんだかちっとも知らなくて…
見ていて、結構面白かったです。
オーダーフォーマルの紳士服売り場は、他のフロアと雰囲気が違って、とても静か。いわゆるお得意様ばっかりのサロンって感じです。
まずは生地選び…無地に見えても、その地模様のようなものそれぞれ違うし、同じ織りでも色合いで感じが違う…肩から生地をかけた顔映りなどもみたりする。(着物選びみたいだよ)
生地も数万円のものから数十万円のものまで…
黒や紺などは室内で見るのと屋外で見るのとでは色合いが異なります。
そこで、大きな窓のある奥の個室で気に入った生地を数点見比べたりもできます。
さて、生地を選んだ後はお仕立て。
前のボタンが、シングルかダブルか…ボタンの数は?
後ろのベント(スリットみたいの)中央にひとつのベントとかサイドに入るダブルベントとか…
袖口のボタンを3つにするか4つにするか。
しかも、そのボタンホールを空けず固定して縫ってしまうか
ボタンホールを空けて袖口のボタンをはずせるようにするかとか…
フォーマルの場合、カフスをつけたときに袖口のボタンを1つ2つはずして
フレアっぽく着たりするんだとか…かっこいい!
でも、おとうさんはしないと思う(笑)
そして、裏地の地模様や色を選び、襟のステッチを選ぶ。

あ…そうそう。ボタン選びが面白かった。
ボタンの色はもちろん、形もいくつかあるし、艶とかも違う。
決めることいっぱいで、いつまで経っても席を立てません(爆)
寸法は、前回オーダーした時とサイズが変わっていなければ良いのですが、ちょっと太ったり痩せたりということもあって、軽く寸法確認。

暇になって、他の服地なんかをヘロヘロ見て歩いてると、
品の良いおじ様方が、イヤホンで何か聞いている…
「7対5だよ!日本リード。」
WBCの決勝選をラジオで聞いてるみたい。
私のボーダフォンはTVが見れるので、早速見てみることに!
すると、そのあたりのおじ様方が、いっぱい寄ってきて
サロンでの大観戦になってしまった。
「服を買いに来て、それどころではなくってね」
と、皆さん照れ笑い。気付くと店員さんまで。

オーダーを終えて私のところに来たお父さんは、あまりの光景に
「人気者やなぁ」
と、笑っていました。いや、私じゃなくって携帯のTVが人気者なんだってば(泣)立ち去る時には、おじ様方に丁寧にご挨拶申し上げて、帰ってきました。

あ、祝!日本優勝!
[PR]
by aoinote101 | 2006-03-21 21:57 | はらぺこ