沈黙が、私を支える。


by aoinote101

決心

とっても悩んで悩んで悩んで…
不安で不安で不安で…

でも、自分の人生に希望みたいなもの見えた気がした

先輩の話を聞いたときにね。

 「こんな私でも、人の役に立てると思いました」

その言葉に震えた。
私に
絶望した人を救えることなんてないと思っていたけれど
少し考えが変わった。
ずっと
私にはなんにもないと思っていた…


でも
どうせ一生の仕事にするなら…



平成21年(2009年)7月5日まで
私は試され続ける
私に本当にやり遂げられるか

もし、それに失敗しても
試され続ける

それを手に入れても

たぶん
その後もずっとずっと
試され続ける


ただ…

自分で選択できる人生を大切にしたい



  「人生に無駄なことなんてない」
   そんな言葉は傷ついた心に、簡単には響かない
 
   だって、その言葉が響くのは
   苦しみを乗り越えて、夢を叶えた時だもの
       「応援」より

驚くことに
そう言ったのは一年前の私…
一年前の私の言葉に私は応援されているのかな?

久しぶりに私の心に届いた曲があるんだ



“はるまついぶき”

 目を閉じたまま眺めている景色
 あなたはそこにいて 口をつぐんで
 投げかけた言葉 笑って聞いてる

 心に佇んでる寂しさ それすら確かな愛の姿と
 自分にそう言い聞かせながら
 想いを守っている

 降り積もる雪に覆われた
 春待つ息吹のように
 かすかでも光に向かう強さを抱きしめたい

 時の流れが「生きてる意味」に目隠しする理由は
 プラネタリウムとおんなじ
 暗闇がくれる光を知るため

 心に形なんかない
 逆を言えば自由自在に姿を変えていけんだ
 暗い海の底に沈んだ日でも
 青空を飛んでいる

 強い風にタンポポの綿毛が
 未来へと運ばれてく
 向かい風だろうと翼にして
 ねぇ僕らも羽ばたけるかな?

 「鬼が笑う」なら それもいい
 いつか僕らも一緒に笑えばいい
 あきれるくらい未来の話をしよう

 このまま

 降り積もる雪に覆われた
 春待つ息吹のように
 かすかでも光に向かう強さを抱きしめ
 いつの日にか向かい風だろうと翼にして
 きっと僕らも羽ばたけるはず
 暖かな春の空に…

はるまついぶき BankBand
[PR]
by aoinote101 | 2007-09-30 22:53 | 日常