沈黙が、私を支える。


by aoinote101

カテゴリ:日常( 110 )

日本語ブーム

 NHK放送文化研究所の「言葉アンケート」(03~04年)への回答で、「日本語の乱れを感じる」が85%あった。「乱れ」感は今や蔓延(まんえん)しているようだ。こんな私でさえ言葉使いが気になることがある。例えば「よろしかったでしょうか?」……今さらですが。でも、引っかかりながら笑顔で「ハイ」と答える私こそ大人!

 そもそも、言葉自体、年月と共に変化し続けるものであるはず。私達の使用する言葉は、日々新しく生まれ変わるものだと思う。だからといって、正しい言葉使いが出来なくても良いと言っている訳ではない。
 例えば親が子どもの前で、目上の人に接して謙譲語・尊敬語・丁寧語を正しく使い、生活を通して子どもに教えるならば、子どもが正しい日本語を学ぶことはさほど難しいことではないように思う。また、たとえアルバイトでも接客業に就くならば最低限の言葉の教育はあってしかるべきだと思う。つまり、学校で勉強するというより、大人になるまでに正しい日本語を学ぶ様々な機会がなくてはいけないはずなのだけれど、そのあたりが欠落しているのではないだろうか?

 接客業というところで思うのだが、ファストフードの店員が変な言葉を使ったとしても、支払う金額は知れているので聞き流す事にしている。しかし、高価な宝石や車、ましてや不動産などの購入を検討する時、営業の人間の言葉使いが出来ていなければ、どんなに欲しい品物でも、私は踏みとどまってしまうだろう。その商品について説明できるだけの知識はもちろん無くてはならないが、社員をしっかり教育できていない会社の商品を信用できそうにないというのが本音なのだ。
 では、逆に完璧な言葉使いをすることの出来る接客はパーフェクトなのだろうか?実はそれも疑問なのだ。ある有名なフランス料理の店で、随分慇懃無礼な接客をする店員に出会ったことがある。私や、私の連れの者が若いこともあり「なめられていたのだろうか?」と感じた。というのも、たまたまその店に来ていらした顔見知りの企業の役員と挨拶をした後で、私達に対する店員の態度は一変したのだ。彼の言葉使い自体はなんら変化はなかったはずなのに、私達が受けた違和感は否めない。結局気持ちがこもってなければどんなに謙譲語・尊敬語・丁寧語を正しく使いこなしていても意味はないのだろう。
 そうなのだとしたら、相手を敬う気持ちはあっても、少し使い方を間違った日本語を使う者と、ちっとも敬う気持ちもないのに完璧な言葉使いに自分自身陶酔している者では、どちらに好感をもてるだろう?

 随分昔、「作法や言葉使いなどは表に現れるもので、つまりは器のようなものなのだが、結局器の中身が空っぽでは意味がない」と教わったことがある。社会に出たときに礼法を指導してくださった先輩の言葉だったと思う。
[PR]
by aoinote101 | 2005-06-07 08:19 | 日常
 長い間、自分の持つどうしようもない感情を、どう受け止めればよいのか、それが一体なんなのか掴めないまま生きてきて……ある時、作家の言葉に言い当てられた。
 それは、「人間の条件」だって。人間の?遠藤周作先生の言葉を私は生涯忘れない。私が、家族の愛情に包まれて、友人に囲まれて、充実した生活を送っていても…
 「我なくんば…」パスカルのように、私も祈りつつ、その声を聞く…
「我を求めることなし」
[PR]
by aoinote101 | 2005-05-22 00:45 | 日常
 なんだか、気持ちが不安定な日ってあるんだよね~!バカなことしてしまいそうな…ちょっと暴れてみたいような…それがピークになる時ってあるんだよね。
 例えるならば、月光に捕らえられた狼男みたいな?みたいな!

 作品を書こうとしても書けない日が続くと、こうなることが多いかな…。チャットで何時間も話してもおさまらないし、忙しくスケジュール埋めて遊んでもダメ。大好きなドライブに出かけても、人跳ねちゃいそうで怖いし…。これで飲みに行こうものなら悪酔いするだろうし…。

 たぶん一番安定する方法は、抱きしめてみること。
抱きしめられるってのは、この場合望ましくない。私が抱きしめる。人でも、ワンコでも、にゃんこでも(にゃんこは嫌がるけど)ぎゅ~っとね。
 他に解消法と言えば…泣く。意味も無く泣いちゃう…すると疲れる。スッとする。落ち着く。

 こういうモヤモヤした感情をちゃんと書けたら、どんなにスッキリするだろう?それでも、また不安定な日がやってくるんだ。わかってる。一生逃げられない。
 この、不安定の原因がなんなのか知ってる。それをなんて呼ぶのかも知ってる。

「孤独」っていうんだ。
[PR]
by aoinote101 | 2005-05-21 15:41 | 日常

5月5日は私の…!

 子どもの日に生まれた私は、お誕生日がいつも祝日で、朝から母がお誕生会の準備をして、お友達を沢山迎えてもらった思い出がある。自分の友達を、お客様として扱ってくれることが嬉しくて、その日は本当に子供心にも緊張した。
 逆にお誕生会に呼ばれる時も、ある程度緊張するのだが、ゲストを迎えるほうが難しかったように思う。それは、大人になった今も同じように私の心の中に残っていて、その時、両親に経験させてもらったことが様々な客を迎えるシーンで蘇える。たぶん、当たり前のことなのだろうけど、当たり前のことをするのは、結構骨が折れるものなのだ。でも、お客様が喜んでくださったのが伝わると、こちらとしても報われる以上の喜びを感じる。
 私のお誕生会で出た料理や、遊んだゲーム、帰りに渡したお土産の品などが、その後の友達同士の話題に出て盛り上がったりすると、私は得意になって母に報告した。母は嬉しそうに聞いてくれた。
 今まで誕生日に沢山のプレゼントを貰ってきたが、両親から貰ったプレゼントの中でも、この「思い出」は大きいと思う。そして、離れて暮らす今は、自分の誕生日に両親に感謝できるほど大人になってしまいました。とさ!
[PR]
by aoinote101 | 2005-05-05 11:25 | 日常

夢の話なんかすんなよ…

 今日、うたた寝してた時に見た夢が、結構リアルだったので、誰かに話したい気分なんだよね。でも、他人の見た夢の話なんか、誰が聞きたがる?
 というわけで、blogに書くことで「吐け口」とさせていただこう。
 なんと、私は女子高校生。文化祭だか、音楽発表会だかが近い。私はキーボード担当らしいが、それが気に入らなくてコンサートサイズのグランドビアノを用意しろと怒っている。ピアノは心の向くままにジャズピアニストのようにひくことが出来る。自分でもうっとり。
 そこに、まもなく転校してしまうクラスメートへのプレゼントの準備なども始まり、忙しく楽しく慌ただしい私。
 すると、私の携帯にかかってきた電話に、クラスメートが勝手に出てしまい、何か話している。どうやら、昔のボーイフレンドらしいが、私ではなく、その友だちにどこかで会おうなどと口説いている様子。ブチ切れて私が電話に出るが、何故か私って大人。
 「お電話代わりました。」
などと、すまして出ている。そして、かなり優しく、
「いったいどうしたの?」
などと聞いてあげるのだ…。すると、彼が言うには、嫁から呼び出され(どうやら結婚しているらしい)花見に出かけたところ、ガラスの破片で足の裏を切る怪我をしてしまって、むしゃくしゃしていたのだと誤りながら話してくれた。「本当に愛して結婚したのではなく、妥協して選んだ相手か?」と、憶測した。では、この男が結婚したかったのは誰だろう?考えてみた所で、私には関係ないのだから、ヘンな電話はやめて欲しいものだ…などと考えている所で目が覚めた。
 
[PR]
by aoinote101 | 2005-05-02 23:34 | 日常

春の琵琶湖

c0020551_23214127.jpg
湖畔をサイクリングするには、最高の季節でした。
なんだか、日本ではないような景色に立ち止まり、写真撮っちゃった。
[PR]
by aoinote101 | 2005-05-01 23:23 | 日常

嗜好品になる覚悟

このところ、友人が男に遊ばれてるのに、幸せそうだ。
何人も女がいるやつらしい。
周囲の者は、「やめときなよ~」って言い続けてたのに。ダメ。

そんなバカな女は、私の友達にゃぁ、しておけぬ!と怒ってたんだけど…
話してみて、少しクールダウンさせられた。

彼にとって私は、嗜好品みたいなものでいい。
空気や水や食事のように、生きていくのに必要な存在じゃあないけど、
コーヒーやお菓子のように、無くても生きていけるけど、あると楽しいものでいたい。

言葉がないよ。
なんか大きなことを諦めた上で、好きでいるんだね。
悲しみとか、情けなさとか通り過ぎて、たどり着いたのかという気がした。

そんな恋ってある?
いや、あるんだね。
[PR]
by aoinote101 | 2005-04-04 13:16 | 日常
子どもの頃、お勉強はそんなに嫌なものじゃなかったなぁ。
確かに、ドリル系は面白いものではなかったけど、
毎日少しづつのことで、一度に何時間もやるものじゃないし。(少なくとも私は)
知識分野は、知らないこと知るのは面白いし。
国語なんかは、筆者の知識や思想なんかを吸収できるでしょ?
お勉強が、楽しくなくなる瞬間って?

他の人が出来るのに、自分ができていない時…じゃないかな?

他人と比べられて、卑下すると嫌いになる?
出来る子は、無意識にも優越感を感じてるから勉強嫌いにはならない?

入試や資格試験のように、自分の学力を他と比較しながら勉強するのって、
良い点取れなくなると、面白くないかも?
ある程度、自分の成長を確認できても、
周りがそれ以上成長してたら、「やっぱりそれじゃあダメなんだよ」とか言われちゃうんだね。

灘中に入った算数大好き少年が、
6年生だけは算数オリンピックに行くの諦めたとか、
塾教師に受験までの一年間だけは、
算数を楽しんで解くのは我慢しろって言われたとか。
でも、受験失敗するより、合格したかったんなら
まあ、いいか?
合格後に、いくらでも楽しんで解いてねって感じ?

んっと、何が言いたいのかというとね。
勝ち続けると、つらい訓練も我慢できるってことかな?
負け続けると、全部やめたくなるかもしれない。

うおぉ~っ!まとまらないよ!
このことは、これからも時々考えようっと。
[PR]
by aoinote101 | 2005-04-02 13:10 | 日常

エイプリルフール

嘘ついてもいい日って、私にとっては忙しい日なのじゃ!
いろんな人に嘘メール送って、慌てた返事が帰ってきたら、
「はっぴーえいぷりる~」と返す。

でも、よく考えたら嘘にきまってんじゃん!って話なんだけど。
ひっかっかってくれる人には愛を感じるよ!ふっふっふ

こんな日は一年に一回しかないんだなって思うと24時間フルに活用したいとすら思う。

あ~っ!退屈で人は…
[PR]
by aoinote101 | 2005-04-01 13:31 | 日常

抽象的な言い回し

 私は昔から抽象的な言い回しが好きだ。「悲しい」とハッキリ表現するより、なにか違った言い回しの方がシックリきたりするものではないかと思う。

 また、自分の感情のコントロールが得意ではない分、大きな心の揺れに自分でもナーバスに反応する。喜怒哀楽、恋、嫉妬…。大きく揺れる自分の感情にパニックになり、その原因をシャットダウンしたりする。強制終了どころかコンセントを抜くタイプだ。
 しかもそんな乱暴なことをしておいて涼しい顔をしているらしい。

そんなこともあってか、私と深く付き合ったことのある人の中には、私を「読めない。」と思っている人も多い。当たり前だ!私にも読めないのだから…。

でも、本当はわかりやすいはずなのだ。心のキャパがとても小さく、誰かに関心を持ってもらいたいが為に、抽象的なわかりにくい表現をする。

そんな私を見抜いてしまう人の前では、私は大人しく、口数も少ない。
逆にわかってくれない人の前では、技巧派と化して振り回すのだ。振り回しておいて、こちらの感情が揺れ出すと…コンセントを抜く。

自分としては関わりたくないタイプの女だ。
[PR]
by aoinote101 | 2005-01-06 23:57 | 日常