沈黙が、私を支える。


by aoinote101

カテゴリ:日常( 110 )

鼻うがいって…(。>_<。)

昨日くらいから、ちょっと風邪ぎみ。
鼻の奥や喉が痛~い。

んでもって、お友達に「鼻うがい」をすすめられたなりよ~っ。

ぬるま湯に、ちょびっと塩を入れて、
鼻から
なんにも考えずに吸い込む
そして口から出す…

ここでポイントになるのは
鼻から
な~んにも考えず
吸い込む
ってことらしいんだけど…

ふだんから、特にな~んにも考えていない私としては
「ちょろそうだね」と高をくくっていたわけです。

んで……

やってみた……

ヽ(+∇+)ノ 痛~い!

プールでおぼれたみたいに鼻が痛い!


あれ?今、私なんか考えながらやっちゃった?
いや?なんにも、な~んにも考えないでやったぞ!
なのに何で痛いの?

お友達に聞いてみた。
「私をからかったの?」
すると、
「からかってないよ。最初の1~2回だけは痛いけど後は平気」
と言う答え…

え…もう一度挑戦するのか?
||||||||||||||(* ̄□ ̄)ガーン||||||||||||||||

風邪がひどくなっても
かまわないとすら思う織女だったのでした…
[PR]
by aoinote101 | 2006-04-11 10:15 | 日常

すごい黄砂!

 昨日は外に出て驚いた。霧かと思うほどの黄砂だったの。
「西日本中心に黄砂 交通機関に影響の恐れ」(共同通信)

 私は母方の祖母の米寿のお祝いのために、大阪箕面市のホテルに!
c0020551_9132575.jpg

分かります?この霧のような黄砂。本来なら高台のホテルの窓の外は、遠く大阪平野が見えるはずなのに…。桜が満開なのに桜も黄砂でかすんでたんだよ~っ!
黄砂がひどくて、太陽が月のように見えます。
c0020551_9152239.jpg

気持ち悪いくらいの黄砂でした。
お祝いには、東京から弟も来てたんだけど、「何?これ?」って驚いてました。
[PR]
by aoinote101 | 2006-04-09 09:18 | 日常

桜と私

梶井基次郎の短編小説「櫻の樹の下には」の中で、
桜の樹が美しいのは下に死体が埋まっているからであるという話が出てきます。
とっても有名な一説ですが、もしかしたら…?
だからこそ、あれほどまでに花を咲かせることが出来るのかもしれないと
妙に納得させられてしまいます。
c0020551_1347255.jpg


日本の神々の中に
瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)と言う女神がいて、
全国様々な場所で祀られていますが、
瀬織津姫は桜と水の神様でもあります。
穢れ(けがれ)を清める神様で、
戦で死んだものが桜の樹の根元に葬られたり、
墓に桜の苗木を植えたりすることは、古くからあったそうです。
桜の樹の寿命も人の寿命に近いのだとか…
そういえば、映画「ラストサムライ」で、渡辺謙演じる勝元が、
狂い咲く桜を前にして死にゆく時、自らの死を「Perfect」と表現したのも頷けます。

瀬織津姫命は、天照大伸(あまてらすおおみかみ)の后神ですが…

古事記&日本書紀では、天照大伸が男神でなく女神になってしまったことから瀬織津姫命が抹殺されてしまっていますが、瀬織津姫命が古事記&日本書紀以前から信仰されていた太古からの神様なのだそうです。

つまり、太陽の神様の対になる神様
夜の神様なんですね。
月読み(つくよみ)なども関係しているようで、なおさら親しみを感じてしまいます。

桜から、日本の女神様のことに触れた織女でした。
[PR]
by aoinote101 | 2006-03-28 14:09 | 日常

懐かしい人

今朝、二度寝したら夢見た(笑)
とっても懐かしい人に会う夢だった。
その人に会ってる私は今より恐ろしく若くて…しかもショートカットだった。

とにかく嬉しくて、久しぶりと言う感じがしなくて…
私は結構はしゃいでいて…

目が覚めた。

あれ?あれ?あれ?

少し不思議な感じがして、
そして、気が付いた。

そうだった…もう二度と会えない人だったんだ。

悲しくなかったけど不思議だった。

とても長い月日が経って、

しかも会えなくなっても、

こんな風に夢の中で幸福な再会ができるのだとしたら……

上手く言えないけど、

悲しいお別れも、時間と共によい思い出になるってことなのかもしれない。

日曜の朝は、

子どものころから不思議な夢を見る私。
[PR]
by aoinote101 | 2006-03-26 13:47 | 日常

スタイ(よだれかけ)

今日、お友達の赤ちゃんを見せてもらいに行ってきました。
以前勤めていた法律事務所の弁護士夫婦宅。
生後半年のお坊ちゃんとは初対面。

弁護士より、お嫁さんと仲良くしていて、
月に何度も私の家に遊びに来てくれていました。
その彼女が「お母さん」!不思議な気もしましたが、素敵なママぶりでした。

旦那さんは、一緒にWBCの試合を一緒に見た後、
仕事があるとかで、事務所に行っちゃいましたが、
後は赤ちゃんと遊びまくり♪ かわいい♪
c0020551_16368.jpg

お土産も買って行ったのですが、
どうしても手作りのものを贈りたくて、昨日、スタイ(よだれかけ)を縫いました。
慌てて縫ったのでヘロヘロだけど(笑)
ミシンでなくチクチクと手で縫いながら、「健康に育ってね♪」って気持ちを込めました。
赤ちゃんのいるお家は、どうしてあんなに幸福につつまれるんだろう?
とても素敵な一日でした。
[PR]
by aoinote101 | 2006-03-20 01:13 | 日常

啓蟄

今日は「啓蟄」
冬の間、土の中に隠れていた虫たちが
這い出てくるって日

冬眠していたカエルの私も
穴蔵から這い出したい

でも、ねむいし
そんなに暖かくないし…

穴蔵の中は
意外にも居心地がいいのかもしれない


でも…外の空気の匂いは

春だよね
[PR]
by aoinote101 | 2006-03-06 09:50 | 日常

彼と一緒にお風呂♪

カエル目の女、織女です。こんばんは♪

またまたタイトルにつられてやってきた、

そこの アナタ!

私は冬は寝る前にお風呂に入らないと

風邪引いちゃうタイプ(冷え性?)なんですが、

普段、お風呂は一人で入ります。

が……

時々彼と入ります(〃∇〃) てれっ☆

c0020551_21104032.jpg

ぬいぐるみタイプのバススポンジ、ケロタンです♪

      ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛にげろ!
[PR]
by aoinote101 | 2006-02-27 21:14 | 日常

お出かけしようかな?

ブログの更新、サボりすぎの新記録達成の織女です。こんばんは。

今年は雪が多いです。

寒いの苦手ですが、うれしくもあります。

来週はバレンタインデーが控えていて、ドキドキの方もいらっしゃるのでは?

私は、大好きなチョコレートを食べ過ぎて、

毎年、バレンタインデーの直後には吹き出物が出ます。

だから、今年は少し我慢します。キッパリ!



ネット友達が、2月にうちにお泊りに来れそうにないと分かって、少し寂しいです。

も少し暖かくなったら、東京に行こうかな?

昨年は美術展と築地のお寿司のために行ったけど、

今回は、お友達に会いに行きたい。

会ったことのないお友達…

行きたい!行きたい!行きたい!行きたい!

そうしないと、この1年乗り切れそうにないような気がする。

こうして、ここに書いたら、

実行しなきゃいけないような気にもなるし…

有言実行。

できるかな?できるかな?
[PR]
by aoinote101 | 2006-02-12 01:11 | 日常

雲までの距離

Excite エキサイトニュースに「空に見える雲は何km彼方の雲だろう?」という面白い記事があった。
空を見ているのは大好き。雲が流れるのを見るのも好き。でも、そんなふうに眺めていて、ふっと怖くなることがある。大きすぎるから…雲や空や宇宙が。

そんな雲まで何kmかなんて考えてみるのは面白い。記事によると、

雲の高さが低い場合である300mのときは、雲までの距離が約60kmとなり、見えている雲は、60km先まで

なんだって…ピンとこないよ。でも、高層ビルの天辺が雲に隠れてるってことあるよね。

大きな雲だと

理論上では東京上空の雲も京都で見えることになる。

のだそうです。不思議だ。私たちは、なんて小さな存在だろう?

それでも、何かで読んだんだけど、

アリさんたちから見れば、私たちは空の中にいる。
[PR]
by aoinote101 | 2006-01-16 10:19 | 日常

おみやげ

両親のイタリアのお土産は、フェラガモの靴でした。
c0020551_19415315.jpg

私が、フェラガモの靴ばっかりはいてるからですね(爆)ちなみにこれは、ドライビングシューズです。靴底のエッジがありません。そして、靴底と靴の後ろが特徴的。
c0020551_1943228.jpg
c0020551_19433333.jpg

フェラガモのドライビングシューズは、ネイビーのをひとつ持っています。あと、TODSのもね♪TODSのドライビングシューズをはいて、アクセル踏み込んだ時は、かなり感動しました。でも、これって雨の日に外ではけないです。デリケート過ぎて…。
ほかには…
c0020551_19493375.jpg

ウフィッツィー美術館のカレンダーと鉛筆。かわいい♪
ベネツィアンガラスのピアスも貰いました。わ~い!
[PR]
by aoinote101 | 2006-01-15 19:51 | 日常