沈黙が、私を支える。


by aoinote101

<   2005年 09月 ( 50 )   > この月の画像一覧

-AJさんの自転車自爆ネタ-(以下、AJさん談)

確か小6の時分だったと思います。
友人と遊びに行った日の夕方、つい遅くまで遊びすぎて、門限を過ぎてしまい焦っていました。
地元の田園地帯を友人と2人、かなりのスピードで自転車を走らせていたんですが、大分暗くなってきたんで、ライトを点けようと思ったんですよ。

ところで、この頃の自分はサドルに座らず、立った状態でペダルを漕ぐのがクセになってたんですが、立ち乗りしたままライトを点けようとするとどうなるか…もう分かりますよね?(-_-;)
案の定、勢い余って右足が前輪のスポークに挟まれ、えらいことになりました。
自転車は急ブレーキをかけた状態になり、その反動で自分は右足を支点に前方に放物線を描くハメに!
途中前方宙返りなど決めつつ、うつ伏せに「ベシャッ」と地面に倒れたところに、勢いの死にきらなかったマイチャリがノロノロと背中を轢いて行きました(爆)
当然、轢いてる途中でバランスを崩したマイチャリはそのまま自分の頭の上に倒れ…

一部始終目撃していた友人は、俺が投げ出された瞬間は本気で心配したものの(本人談)、その後の顛末を目の当たりにし、自らも自転車を投げ出し笑い転げてました。

幸い軽い打ち身と擦り傷だけで大したケガもなく、その後も数々のマイチャリ伝説を紡ぎ上げて行くハメになるんですが…
被害に遭ったマイチャリは前輪のスポークが2本折れ、漕ぐと微妙に重たいので数日後に廃棄されましたとさ。

以上、自分の乗ってる自転車に轢かれた事件でしたd(´皿`;)
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-30 13:48 | AJ

天海祐希の苦悩?

 天海祐希が主演し、最終回の視聴率が25.3%を記録したドラマ「女王の教室」(日本テレビ)の続編に、当の天海が次回作への出演を渋っているという。
Excite エキサイトニュースによると、天海は、“スポンサー受けが悪かったことを気にして”と書かれているが、たぶん、そんなことより、“役柄のイメージが染みついて”しまうことのほうが怖いのでは?
 私は、阪神間に住みながら、宝塚歌劇というものを観たのは一度しかない!生まれて初めて連れて行ってもらった宝塚作品は、何を隠そう天海祐希の引退公演(10年前?)、彼女の代表作「ME AND MY GIRL」だった。彼女の演じる王子さまは「宝塚」っぽくなくって抵抗なく入っていけた。彼女の演じる男役は、それまでの「宝塚の男役」とは異質なものなのだと聞いたことがある。才能のある女優さんなのだと感じた。
 宝塚の男役出身の女優さんは、宝塚を引退した後は、娘役から引退した女優さんより「女らしさ」を強く出した演技や役柄を選んでいると感じることが多々ある。でも、天海祐希の場合、あくまで自然な、サバサバしたところのある女性像を貫いてきていたように思う。頑ななまでにね…。
 私は、実は今回の「女王の教室」は、1回しか見ていない(汗)…でも、こんな役も、しっかりこなせる人だと思っていたし、とても面白かった。
 女優の才能とは別に、作品との出会いって重要なんだろうなって思う。視聴率が良かったこととは別に、きっと他の役柄への挑戦の場を失いたくないと思っているんじゃないかな?特にTVって人々に強烈なイメージを残すし…。
 確かに続編ができるんなら、私も見てみたいのだけど、彼女がなんらかのポリシーをもって拒むなら、私は彼女の新たな役柄の可能性に注目して待っていたいな…。

 ちょっと、真面目に書いてしまいました(〃∇〃) てれっ
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-30 13:42 | 言いたい放題

AJさんの新連載

AJさんが、過去に何台もの自転車をぶっ壊してきたお話を、コメント欄に連載してもらいたいと思います。近日公開!
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-29 17:42 | AJ
 さて、2週間に一度のネイルの日でした!いつもは自宅にネイリストさんが来てくれますが、今回はサロンの方にうかがいました。というのも、私のお願いしているサロンのプロデューサーでもあるネイリストの沙江ちゃんが約8ヶ月ぶりに復活!!!嬉しいよ~っ!

 スカルプを塗りこめてシェーブして…爪のベースが出来上がった時点で感じたことがある。爪のカーヴや全体の形、表面の滑らかさが、沙江ちゃんの作る爪!懐かしい!デザイン云々の前にその形でうなった!「マジすげ~っ!」
c0020551_939350.jpg

デザインは、黒を使ってドクドクしくない、キュートなのにしたい!ってお願いしました。ここんと秋になってヴィクトリアンなアクセを購入したので……!
 できあがりは、要望どおりキュートっすね!こんなシンプルなまるっこい花を黒の3Dで作ってくれました。MARY QUANTみたいなお花だよね。しかも、自爪が少し伸びているけど、そこんとこはラメで飾って、爪先のクリアネイルは活かしています。非常にシンプルでいて、パールとクリアな石で品の良い黒い花ができました。かわいい!
 沙江ちゃんありがとう!!!
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-29 09:46 | ネイルショー
あきやんのところで、「カエル占い」なるものをみつけた!
「カエル占い」はコチラ
そんでもって、私は……
「ミルキーフロッグ」だってさ!


● Go for frog!(挨拶)
ミルキーフロッグさんは、その愛らしい外見とはウラハラに、ちょっぴり頑固で、とても意志の強い人。いったん決めたことは、最後までやり遂げなければ気がすまないタイプでしょう☆
途中でどんな困難に陥っても、自分の中から困難を乗り越える力と勇気を引き出し、ゴールまで頑張り抜きます。それはとても素晴らしいことなのですが、なんでも一人でやろうとするのはちょっと考えもの。時には周囲の意見やアドバイスにも、耳を傾けてみて下さい。あなたのために言ってくれている言葉を、真摯に受け止めることができれば、あなたはさらに輝くことができるでしょう。恋愛面でも、あなた一人がどんどんリードするよりは、二人の歩調を確認しながら進んでみて。二人の絆がさらに深まるはずです。
ミルキーフロッグさん、可愛い名前ですが毒を持っていますね?

● 長香織女さんの前世は、水蒸気です!

え?前世は水蒸気?カエルだってば!
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-27 07:37 | 日常

ヤコブスラダー

 先日、アメリカンキルトのお教室をしている方のところに遊びに行ってきました。アメリカンキルトっていうのは、小さなはぎれ布を縫い合わせ様々な模様の大きな布に仕上げていくパッチワークなのだけれど、アメリカの歴史と深く関わっていて、現在6000種類もあるといわれるデザインパターンにはそれぞれに意味が込められているのだそう……。
 実は、「アメリカの倹約の歴史」のようで、「ヴィクトリアン好き」の私の好みではないと思っていたのに、あるパターンの名前を聞いて驚きました。
 
c0020551_1039530.jpg

                 「ヤコブスラダー」
聖書に基づいたネーミングですが、それは、私の忘れられない映画のタイトルと同じだったのです。
c0020551_1047148.jpg

 「Jacob's Ladder(ジェイコブス ラダー)」1990年のエイドリアン・ライン監督の作品で、主演はティム・ロビンス。重要な役に幼いマコーレー・カルキンが出ています。作品は、いわゆるサイコホラーなのですが、本当に怖くって……最後には救いらしい救いのない映画なのに、どうしても忘れられない作品です。劇場で観たら、きっともっと怖かっただろうに……残念ながらリアルタイムでは観ていません(笑)
 「ヤコブの階段」それは、天国に通じている階段のことで、この作品の中では「ラダー」という、ベトナム戦争でアメリカ兵に使用された幻覚剤の名前になっているんです。人の感じることのできる恐怖の真髄みたいなものが描かれていて……でも、何かを受け入れる時に、やっと「ヤコブの階段」は目の前に見えてくるのかもしれないっていう希望のようなものが、かすかに心の中に残りました。
 たった一枚のキルトパターンから、その作品の記憶を呼び起こされて、とても不思議な気持ちになってしまいました。小説や映画や音楽は、一度楽しんだだけで終わってしまうものと、自分の中で何年もの時を経て熟成され、変化し、再び何かを感じさせてくれるものがあります。そういった作品は、自分にとって名作って言えるんじゃないのかな?
 そうすると、やっぱり「Jacob's Ladder」は名作。

 単純な私は、早速そのアメリカンキルトのお稽古に混ぜて頂いたのですが、なんせ長い長い爪の私。「現在の爪」針と糸が上手に使えなくて泣きました(爆)
(T。T;)むいてね~っ!
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-25 11:10 | My favorite thing
 恐るべき、讃岐うどん!
今回も、名店中の名店を含め、数点を巡ってまいりました!

c0020551_20101976.jpg

写真の民家に伸びる行列……。この先の民家こそ超有名な「谷川米穀店」です。11時から13時までの、2時間しか開店せず、しかも、品切れになると閉店……。米穀店なのにうどん屋!この店には、「かけうどん」とか「てんぷらうどん」とか、ありません。うどんをダシで食べないのです。味付けは、自分で醤油、酢、自家製の青唐辛子などでいただくのみ!これが、マジ美味しい!シンプルな食べ方でこそ、うどんの美味さが引き立つことを教えらます。ここの青唐辛子が大好きで、私は「アマペーニョ」を自宅で作るようになったのです。

 二日目のメインは、知る人ぞ知る「宮武(みやたけ)」!!!先日、宮武の大将がTVに出てらしたので、嬉しくなりました。讃岐の名店の多くに、この「宮武」で修行した方々のお店が多数あり、それらの店を総称して「宮武ファミリー」と呼ばれています。「宮武」も、田園の中の一軒の民家!行列がなければ見落としそうです。
 大将は昔ながらの手打ち手切りにこだわっていらっしゃいます。
c0020551_20283357.jpg

「大将、この前TVに出てはりましたね!」
って言うと、
「いやぁ!お恥ずかしいかぎりで……!」
と、照れていらっしゃいました。ここの、うどんは熱い麺に熱いダシの「あつあつ」冷たい麺に冷たいダシの「ひやひや」そして、「あつひや」「ひやあつ」といったオーダー法ができたところでも有名。うどんは不揃いで、コシあり、面のエッジが絶妙!田園系のうどんの最高峰です!私が讃岐にハマッたのは、この「宮武」があったからこそ……!
 これらの店のうどんのすごいところは、「うどん」を味わうこと。「醤油うどん」など、まるで小麦の旨味を刺身でいただくような気がします。「かけうどん」や「かまあげ」なども、シンプルに小麦を味わえます。

 今回は、2日間で6店を巡りました。絶好調の時なら、この倍は巡りますが、ちょっと体調が……(爆)

 他に、大好きなお店に、「おか泉」があります。ここは、いわゆる一般店なのですが、先に紹介した田園系とは、対照的な芸術的なほど完璧なうどんを出すお店です。(ネットでの商品販売もあると思う。)
 
 こうして、ぅんまい「うどん」をたらふく食べて帰って参りました。行きは明石大橋を渡り、淡路島を縦断したのですが、帰りは瀬戸大橋を渡って帰りました。
c0020551_20514521.jpg

瀬戸大橋って、本当に素敵!瀬戸内海の美しさを一望できるし、島々を渡る橋の美しさにいつも見とれてしまいます。讃岐うどん大好きの連れは、橋の設計が専門(マスターオブテクノロジー)!「橋のことについてウンチク言えよ!」って思うのですが、他の連れと満腹のため寝てしまいました!そして、私は赤いVOLVOでぶっ飛ばすこと2時間!

 香川から宝塚まで2時間!そりゃもう、スピード違反でつかまってる車の横を、ちょっとスピード落として140kmで通過して帰ってまいりました!(MAXは聞かないでね)連れの皆が寝ているのを良いことに……。
 
 そして、帰ってきたら、宅急便が……!
c0020551_20591291.jpg

 どこまでも、VOLVOはお手柄!なんと、買おうと思っていた、「iPod shuffle」がVOLVOのHPで当たっちゃいました!スゲ!でも、私は異常に耳が小さいので、イヤホンを使うと、2曲も聴けば耳が痛くって泣き出してしまいます。(マジ痛い!)痛くないイヤホン買いに行かなきゃ!
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-24 21:06 | はらぺこ

本物の讃岐うどん

 関西人の私は、おうどんはとっても好きです。でも、本当の「讃岐うどん」を知ったのは3年ほど前です。カツオ嫌いの連れを伴い高知にカツオを食べに行ったついでに、本場讃岐のうどんも食べねば…と寄っただけのはずが……。
「恐るべき讃岐うどん」
「今まで私が食べていたものは何?」

c0020551_19144852.jpg


それからというもの、年に何度か四国入りします。高知ではカツオ、清水サバ、土佐ジロー、土佐ジローの卵!香川は讃岐うどん!
たぶん、他にも美味しいもの沢山あるんでしょうけど、今のところ、私の心を奪っているのは、こんなところかな?

 んで、明日は、讃岐うどん食べに行きます。一泊して、明後日は朝早くからうどんです(爆)今回は、おうどんだけ…さみしいけど…宮武のおじさん!美味しいうどん打って待っててね!
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-22 19:15 | はらぺこ

泣きました!はい!

 「ラストプレゼント」

 「泣くよ」との、ご意見を多数頂き、ハンカチを用意して、水分補給に水も用意して……。観ました。
そして、始まって30分くらいから…うるうる……。
c0020551_2124069.jpg


 淡々と、静かに……

 たぶん、今まで観た韓国映画では、一番シンプルなストーリーだったと思います。余計なものが無くって……。そのぶん、「美しい」って思えたかな…。

 なんだかんだと、簡単に感想を書けない作品ですね。とにかく、ライフログに追加します。ハイ。

あ!それから 『JSA』のイ・ヨンエだと分かったのは途中のことでした(汗)
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-21 21:03 | 映画
 先日、皆さんからお題を頂いた中から、小説を書きましたのでアップします。あ~っ!すごい久しぶりです。ヘロヘロ……。アップしておきながら、多分、この後も推敲続けますね。邪道と言われようと……。お題は、ruruさんから頂いたものから……。原稿用紙35枚程度のボリュームです。

【小説】「―Doubting Thomas―(不信のトマス)」

c0020551_1602947.jpg

          ジョルジュ・ド・ラ・トゥール作 「聖トマス」 

余談ですが、「Doubting Thomas」って、(証拠がないと)何でも疑う人のことね。疑い深い聖トマスは、イエスが死に、そして復活したことを、その傷痕を見るまでは、信じようとしなかったからだそうです。映画「マトリックス」での、あの悪役トマス・アンダーソンは、ここからきているそうな…。
[PR]
by aoinote101 | 2005-09-20 16:03 | 小説