沈黙が、私を支える。


by aoinote101

<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

春だね…

伊丹から飛行機に乗って…
c0020551_2124775.jpg

東京へ…

東京の姪っ子は4月に小学校に上がります。
姪っ子は弟ができてから、
一度もTDRに連れて行ってもらっていないのだとか…

それなら、私が!
c0020551_2151145.jpg

c0020551_2153151.jpg


姪っ子は、楽しそうでした。
大人になっても覚えていてくれるでしょうか?

忘れてしまったら寂しい気もしますが、
その分、もっと沢山の楽しい思い出を持てるのなら
それも良いかもしれません。

人の記憶って
いい加減なものなんですってね。
私の先生は、ご自分のお母様の認知症が進んで、
自分のことを忘れられてしまった時に、
言葉にできないほどの、やるせなさを感じたと、おっしゃっていました。

自分の娘のことですら忘れてしまうものなのか?

それは、病気だから?

だとしたら、
「死んでも君の事は忘れないよ」なんてセリフは
ホントに無力ですね。

「忘れられたくない」…とか
「忘れたくない」…とか

そういった気持ちは
とても、切なくて儚いものなのかもしれません。
[PR]
by aoinote101 | 2007-03-28 21:21 | 日常