沈黙が、私を支える。


by aoinote101

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一緒に暮らした男

オダギリジョーが…結婚しますね。o(TωT;)oうっ…

時を同じくして(?)
以前、私が一緒に暮らしていた男が、結婚しました。

一緒にいた時には
お互いの性格は正反対だと思っていました。
仕事の仕方も、
価値観も共通するところがないかのように思っていました。

でも、離れて暮らしてから、
一度だけ
私の部屋で遅くまで一緒に呑みました。
彼が、人生で一番辛かった時のことだと思います。

その時、
私は…いえ、私たちは、とてもよく似ていることに気が付きました。


口には出さなかったけど
ずっとずっと昔から私は彼を大切に思っていたし、
しあわせになってほしいと、思っていました。
離れてからも、その気持ちに変わりはありません。

でも、結婚してしまうと
きっと以前のようには付き合えないと思います。

それが少し寂しいけど…


勘のよい、あなた!
そうです!

それは「わが弟」o(>∀<)o

[PR]
by aoinote101 | 2007-12-28 23:54 | 日常

私の価値

このところ、何やら勉強らしきことをしていると、
ちらほら書いている“べが”です。メリークリスマス♪

何の勉強か、隠すほどのことでもないので白状しますと、
「司法書士」という資格試験を受けるわけです。受けるからには
「司法書士」になる気ですが、なにか?

私は2009年7月の受験に向けて(ウゲッ!いつだよ、それ?)プログラムを組んだ学校で週2回ほど、夜の講義を受けています。そのうち、これが週3回になるみたいですが、仕事と勉強の両立は、思っていたよりハードです。
c0020551_1721950.jpg

学校の費用も、私にとってはハンパな額でないし、
なにより合格率2.8%という難易度の高さ…
今年も
32,469名が出願して、
合格したのが919名

(T□T;)なんじゃそりゃあ?


思い立ったのは9月のことですが、私はいくつもの学校に行って体験受講して、決心するまで、食事も喉を通らず、眠れぬ夜を過ごして体重5キロ落ちてしまいましたよ…いや、マジで!

さて、「司法書士」って何?って思われる方もあるようで、簡単に言えば、登記手続きしてくれる人というとわかりやすいかも?不動産登記とか、商業登記とかね。

でも、司法改革の後、簡易裁判所の代理権を取れば小額訴訟の代理人(弁護士のかわり)もできるようになったり、そういった法律事務も業としますし、成年後見とか…

う~ん、つまり、なんで私がこの資格を目指すのか?ですが、
(今は、新聞社でヘロヘロとお手伝いしておりますが)
もともと、住宅メーカーで不動産を扱い(そんとき、宅建取得)、その後、法律事務所で弁護士秘書をしたことを考えると、司法書士の業務を不動産取引の面からも、法律事務の面からも見てきたわけです。
そんでもって、それはとっても面白かった。

実は、私は働くことが好きです。

働くということは私にとって、ものすごく深い意味があります。

生活のために働くということを否定しないけれど、
人間って、自分以外の人たちにとって役立っていると感じることが
本当は、ものすごく大事なことなんじゃないかな?って思うんです。

 “労働手段の使用こそが人間の労働の本質であって、
     人間を動物から区別するものは労働である。
        マルクス経済学より”


難しいことは言えないけれど
私は、ずっと「自分には、なにもない」と思って生きてきました。

なぜだかわかりませんが、
「何も持っていない自分は愛される価値がないのではないか?」という不安も持っていました。それは、家族と一緒にいても、誰かに「好きだ」と言われても消えるものではなかった。

 “富や地位は流動的なもの
     戦争が起きたりしたら、あっという間に奪われる
  でも、頭の中の物は誰にも奪えない。だから、勉強しなさい”

これは、日本ユニセフ大使で、タレントのアグネス・チャンがお父様から言われた言葉です。

私が「自分には何もない」と感じていたものは、「誰にも奪えない私の価値」を持っていないからなのかもしれません。それを手に入れたら不安でなくなるのかと言えば、その時にならなくっちゃわかりません。
司法書士になれて、その仕事に自信を持てるようになっても、自分という人間に自信を持てるとは限らないし…。

このところ、学校の帰り道は駅から歩くと寒くて死にそうです。
でも、空を見上げると月が見えたりします。
んでもって、手を合わせてお祈りしてみたりします。
そりゃもう、自分に都合の良いことをお祈りするわけです。

こんな学校からの帰り道を、あと何回繰り返すのだろう?と
ちょっと気が遠くなったり、
本当に自分に合格できるのか疑念に苛まれたり…
そんなふうに、もがいております。

人生は、なんだか長い。
だけど、あっという間に年老いてしまうんだ。
ならば後悔のないように生きたい。
c0020551_17105179.jpg



あのね、

神様が本当にいるのか、よくわからないけれど
もし、いるのなら

将来
何も手に入れることができず、失意と孤独の中で私が死んでも
そのとき、

“手を繋いでくれたらいいな”

って思います。

私の手の中に何もなくても、手を繋いでくれたら
きっと安心して目を閉じることができると思います。
たぶん
それだけが、私の生まれてきた理由。私の価値。
[PR]
by aoinote101 | 2007-12-26 17:11 | リーガルマインド

お掃除…お掃除!

今日は大きいおばあさんの7回忌

そのため昨日から実家のお掃除がんばりました。
門から玄関まで落ち葉ひとつ無いもん♪
c0020551_19545178.jpg

そんでもって、お玄関から廊下ぴかぴかにワックスがけしたもん♪
お玄関の土間のタイルまで拭きあげたもん♪
c0020551_19591998.jpg

窓拭きながら…
“なんでこんなに窓あるねん(´・`;)”
畳拭きながら
“なんでこんなに畳あるねん(´・`;)”と、
辛く思うのが法事前の大掃除ですが…
この家を、大きなおじいさんが愛したのだから、しかたありません。

んでもって、植木屋さんの費用を聞いて
孫たちをして
“切ってしまえ”と言わしめた…松
まだ、切られていません└( ̄▽ ̄*)
c0020551_2033080.jpg


さてさて…
今日も法事で院主さん(寺院の主…住職さん)が
お経の内容を教えてくださいました。
数年に一度(法事のみ)しか、お経なんぞ聞かぬ私ですが
それゆえ、なんだか新鮮に感じてしまいます。

今回教えてくださったのは『観無量寿経』
略して 「観経」 ともいわれます。

すごくわかりやすく説明してくださったのですが
天国に行くための16の方法が説かれている…って感じ?

この中で心に残った方法のひとつに
阿弥陀様のお顔を思い描け!ってのがあって

阿弥陀様のお顔を思い描こうにも会ったことも見たこともなければ
そりゃ難しいだろ?って思うだろうけど
たとえば、亡くなった大きなおばあさんの顔を思い浮かべれば
それが阿弥陀様のお顔なんだということ

阿弥陀様は数え切れないくらいのお顔を持ってるから
人がみな思い描く顔が違っていても
それは全部、阿弥陀様のお顔なんだって…間違ってないんだって

それはつまり
自分を愛してくれた人の顔だったり
自分が愛した人の顔だったりするんだよね?
ちょっと涙でそうになったよp(´⌒`。q)

ま…色んな方法を書いてあるけど
最後の最後に
どうにも天国に行くための
様々なことを、ま~ったく出来そうにない人にも
お手軽な簡単な方法があるよん♪
というのが…

“南無阿弥陀仏”って、唱える

それだけ!これで大丈夫!魔法の言葉!
そ…それって、(((;゜Д゜))すごくね?


でね…私は
たぶんそれは、すべて真実だと思うんだ

ずっとずっと思っていることがあってね

どんなに誰かを憎んでも恨んでも
死ぬときには許すんじゃないかな?ってこと

許すしかないんだよ

“許す”って…“諦める”に似てる
“受け入れる”と同じかもしれない
“受け入れる”ってことは、難しいことだけど
そうしなければ、その人自身が救われないんだよ

そして、思い浮かべるのは
『汝の敵を愛せ』って言葉
簡単じゃないよね?
七転八倒するよね?
でも、神様はそうしろって言う

じゃあ逆に
どんなに恨まれてる人も憎まれてる人も許される?

たぶん…許されたい、救われたいと心から思うなら許される
それが“魔法の言葉”を唱えるってことの正体なんじゃないかな?


自分を愛した人の顔を思い描けない
自分が愛した人の顔も思い描けない人でも
死の間際に救われたいと思うなら救われるんだよ

以前
カトリックの宗教講話を聞きに行ってたときも
そんなことを思った

このへんの話、すんごい長くなりそうなので
今日はおしまいにするね

お掃除したご褒美に
大きなおばあさんが人の心の真実を聞く機会を下さったのだと
c0020551_2129293.jpg

お供えのお菓子を食いながら感謝する、べがなのでした!
んまい♪
だってね、
法事が終わってから泥棒のようにお供え持って帰ってきたんだもん♪
戦利品!これ一人じゃ無理っす!
今週は米炊かないっす!
  お菓子が主食なり!

c0020551_21311540.jpg

[PR]
by aoinote101 | 2007-12-09 21:37 | 日常

お別れ

久しぶりにオフィスに出た夏の終わり
昼休みにメールチェックをして、私はそのことを知った…
立ち上がって振り返り、口元を押さえてしゃがみこんだ

訃報だった

混乱する頭の中
最後にお目にかかった日の先生の顔が見えた


弁護士中島健仁先生が亡くなった…52歳だった

私の大好きな人が
また一人いなくなった

その日の午後の仕事はきつかった
時折、ふっと涙が出そうになって歯を食いしばった

お通夜にも告別式にも出席したが
恥ずかしいくらいに涙が止まらなかった
日本全国…ううん…海外からも急遽、駆けつけた懐かしい面々…
“久しぶり”
その後の言葉が、悲しみで…かき消された



どういうわけか
またお会いできると思い込んでいた
先生は、いつまでも
あの、ひとなつっこい笑顔で活躍されているものと思い込んでいた

灘中学からの親友でフジテレビの解説委員、黒岩 祐治氏は
大泣きしながら弔辞を読んだ
先生の交友関係の広さと誰からも愛されるお人柄を知ることの出来る告別式だった

そして

先生には
まだ、やり残したことが山ほどあったんだと知った


そのときは
私自身、
まだ何も考えてなかった


中島先生…先生!
とっても不思議なことですが
その後、私にはいろんなことがあって…
いつ死んでも後悔しない生き方をしようと思いました

今は、ちょっとばかし苦しいけど
“目標”を見つけました


先生はなんて言うだろう?
なんにも言わないで微笑んでくださいますか?

でも、それは
私が、ちゃんと第一ハードルをクリアしたら…ですよね



ネットで先生のこと調べたら
wikipediaで出ていた

探偵ナイトスクープ
初代レギュラー顧問
私がお会いする、ずっとずっと前のこと…

先生は
あったかい方だった
だから
いろんな人が集まった

だから
いろんなところで活躍された




私も
あったかい人になりたい




人の心の痛みの…わかる人間になりたい

そして
できるなら

誰かのお手伝いできる者でありたい

どうか
見守っていてください
[PR]
by aoinote101 | 2007-12-08 23:54 | 詩・雑感
今日は、初めて学校の自習室でお勉強した…。
はじめは落ち着かなかったけど、後半は気合入れてがんばった♪

んでもって、大好きなパン屋さん
 ブルディガラ

ここのコンベルサシオンが大好き♪
c0020551_20223046.jpg


フランス語で“おしゃべり”という名の焼き菓子
パイ生地にクレームダマンド(アーモンドクリームのこと)を敷き込み、表面にグラスロワイヤル(卵白と砂糖で作られている)を塗り、その上に格子状にパイ生地で模様を作り焼きあげたお菓子です。一般的に中にりんごや洋ナシが入っていますが、ここのは洋ナシ♪
グラスロワイヤルのサクサクとした軽い食感と、格子状のパイが特徴的です。中はこんな感じ♪
( ̄^ ̄)エッヘン!ちなみに、このお皿の絵は私が描きました♪
c0020551_20332719.jpg


私が初めてコンベルサシオンを食べたのは子どもの頃
梅田のcocoricoというパイ専門店でした。
cocorico
懐かしい…学生の頃は週に3日はここのケーキ食べてました…汗
でも、(;一一)今よりウエスト細かったのは何故?
[PR]
by aoinote101 | 2007-12-03 20:40 | はらぺこ