沈黙が、私を支える。


by aoinote101

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

死んだアヒル

半年前

私の大好きな桜の木の下で

小さなアヒルが死んでいました


やわらかくて温かいはずの

その体は

冷たく硬くなっていました


小さなアヒルは自分が死んだこともわからないような

もう闇しか見えないはずの

うつろな目で何かを見ようとしているようでした


私は

小さなアヒルが戻れなかった

優しい寝床のかわりに

桜の木の根元に埋めてやりました

c0020551_8422890.jpg


小さなアヒルが死んだことを

誰も知らない


でも

私だけは覚えていよう


それでも

悲しくて悲しくて

その桜の木を見るたびに

胸が苦しくなりました


もうすぐ

桜の季節です


まだ

私は

あの桜の花を見上げることができません


私の手で埋めた

小さなアヒルのことを

思い出すのが辛いから
[PR]
by aoinote101 | 2008-03-10 08:43 | 詩・雑感

実体法と手続法

《話がマイナーでごめんなさい》

今月から“不動産登記法”に入り、楽しい…
これまで、4ヶ月近くかけて“民法”を勉強してきたけど、
むかぁ~しやったよな?って記憶があるくらいで、若干つまんない。
「物権」「債権」あたりは、ちょっと面白いけど
私は、実体法に燃え上がれないタイプと判明…(ーー;)

ところが、“不動産登記法”に入ると実務レベルの話が満載。
その上、わくわくするような“民事・保全・訴訟・執行法”が絡んでくるので
実に面白~い。

昔…
仮差押の供託金早く返して欲しいから
判決の確定証明もらいに行くたびに
控訴期間に控訴が無かった旨を記載してもらう
その控訴期間を1日少なく書いてしまい
書記官さんに注意され続けたバカモノは私です…汗

そんな昔の失敗なんかを
たくさんたくさん思い出しながら、講義を聴いています。

昔の司法書士さんより
明らかに裁判の実務を要求されていることが
私にとっては嬉しい。

民法のお勉強は、実のところ満足できるようなものではなかったので、
何度も何度も復讐せねば…って思ってますが、
これから、様々な手続法を学ぶにあたって
民法の復讐が絡んできます。

その都度
“うげっ!そうだったっけ?”
と、首をかしげる私を講師の先生は
“おいおい…”と突っ込みた気ですが…。

いまだ
諦めないでやってる私です。

最近、私の周囲では資格取得の勉強がブームです。
なんでかなぁ?
[PR]
by aoinote101 | 2008-03-07 00:04 | リーガルマインド